前へ
次へ

税理士について定められた税理士法

税理士における決まりや制度、ルール等を定めたものが税理士法です。禁止行為や罰則と言ったことから、税理士としての在り方等も定められているのです。始まりは、昭和17年の税務代理士法であり、現在の法律の前身とも言えます。後に、税務行政が適正そして円滑に行われる様にと、税務従事者の増加に加えて税務代理者の能力向上が必須と考えられるようになるのです。そして、租税専門家としての資格を設立し、税理士試験が導入されるようになったのです。資格が設立され、昭和26年には税理士法が成立し、公布後に施行と言う流れを辿っています。尚、税理士法はこれまでに十数回の改正を経て今の内容となっています。また、税理士法が成立された為、税務代理士法は廃止されています。

Page Top